当サイトではアフィリエイト広告を掲載しているため、プロモーションが含まれる場合があります。

仮想通貨

仮想通貨(暗号資産)レンディングおすすめランキング9選|人気業者を徹底比較

仮想通貨(暗号資産)レンディングおすすめランキング

仮想通貨(暗号資産)のレンディング業者はどれがおすすめ?

レンディングは安全なの?

本記事では、そんな悩みに答えます。

まっと

仮想通貨(暗号資産)のレンディング業者は複数あり、収益性や安全性を踏まえ、どれを選んでいいのか迷ってしまいますよね。

そこで、本記事では、仮想通貨(暗号資産)のレンディング業者を徹底比較しました。

本記事を読むことで、どの仮想通貨(暗号資産)レンディング業者を選ぶべきかがわかります

まっと

ぜひ、本記事を参考にして、仮想通貨(暗号資産)のレンディングをスタートしてみてください。

本記事でわかること

  • レンディング業者を選ぶ際は、通貨・利率・期間・安全性を考慮して選ぶ
  • 暗号資産のレンディングは暗号資産交換業に該当しないため、分別管理の対象外
  • 海外の怪しいレンディング業者は避ける
  • レンディングは原則中途解約できない(できる業者もある)
  • 手軽に利率の高いレンディングを行うPBR Lendingがおすすめ
  • 米ドルとペッグされたステーブルコイン(USDT・USDC)のレンディングができ、利率が10%と高い
  • 期間満了後は自動貸出で複利運用もでき、返還手数料も無料
PBR Lending
出典:PBRlending

\年率10%で複利運用できる!/

PBR Lendingの詳細はこちら

仮想通貨(暗号資産)レンディングおすすめ業社9選比較表

仮想通貨(暗号資産)レンディングおすすめ業社9選比較表
レンディング業者取扱通貨の種類利率最低貸出期間中途解約
PBRlending5種類10%1ヶ月
Bitlending5種類8%~10%1ヶ月
Coincheck24種類1%~5%14日不可
GMOコイン25種類1%~15%1ヶ月
※手数料:貸借料の10%
bitbank30種類~5%1年不可
SBI VCトレード20種類0.1%~1.0%28日間
※募集内容による
不可
BitTrade募集ごとによる募集ごとによる募集ごとによる不可
BITPoint18種類募集ごとによる募集ごとによる不可
LINE BITMAX7種類3~8%1日固定期間型:不可
変動期間型:可

仮想通貨(暗号資産)のレンディング業者の選び方

仮想通貨(暗号資産)のレンディング業者の選び方

ここでは、仮想通貨のレンディング業者の選び方を解説していきます。

ポイント

  • レンディングしたい通貨で選ぶ
  • レンディングの利率で選ぶ
  • レンディングできる期間で選ぶ
  • 安全性の高い業者を選ぶ
まっと

それぞれ解説していきます。

レンディングしたい通貨で選ぶ

暗号資産交換業者やレンディング業者によって、取り扱い通貨は異なります。

あなたがレンディングで貸付したい通貨を取り扱っているレンディング業者を選びましょう。

レンディングの利率で選ぶ

レンディング業者や通貨によって、利率が異なります。

まっと

どうせレンディングするなら、利率が高い方が良いですよね。

そのような方は、レンディング業者の利率を比較して、利率が高いレンディング業者を選びましょう

レンディングできる期間で選ぶ

最低レンディング期間は1ヶ月となっているところが多いですが、業者によって異なります。

まっと

まず試しにレンディングを始めてみたい方は、できるだけ短い期間から始められる業者を選ぶといいですよ。

安全性の高い業者を選ぶ

レンディングを行う際は、安全性の高いレンディング業者を選びましょう。

比較的国内の暗号資産交換業者であれば、安全性は高いと言えますが、レンディング業者が万が一破綻すると、貸した資金が戻ってこない可能性があります。

まっと

不安な方は、国内の盤石なレンディング業者を選びましょう。

仮想通貨(暗号資産)レンディング業者おすすめランキング9選

仮想通貨(暗号資産)レンディング業者おすすめランキング9選

ここでは、国内のおすすめ仮想通貨(暗号資産)レンディング業者を紹介していきます。

PBRlending

PBR Lending
出典:PBRlending
レンディング取扱通貨BTC,ETH,ADA,USDT,USDC
レンディング利率10%
貸出期間1ヶ月〜
中途解約可能
中途解約手数料なし

おすすめポイント

  • 利率が10%と高利率
  • ステーブルコインのUSDT・USDCのレンディングができる
  • 期間満了後は自動再投資で複利運用できる

PBRlendingは、国内の他の暗号資産交換業者と比べ、レンディング年率10%と高利率なのが特徴です。

最低貸出期間は1ヶ月からとなっており、返還自体はいつでも可能。

まっと

返還手数料もかからないため、返還したいタイミングでいつでも気軽に返還してもらえます。

また、貸出期間が満了すると、自動的に貸出利息を含めて再度貸出されるため、複利効果が狙えるのもメリット

米ドルと連動しているステーブルコインのUSDT・USDCのレンディングも行えるため、安定的にレンディングしたい方にもおすすめです。

こんな方におすすめ

  • 高利率でレンディングしたい方
  • ステーブルコインのレンディングを行いたい方
  • 複利運用で収益を狙いたい方

\年率10%で複利運用できる!/

PBR Lendingの詳細はこちら

BitLending

BitLending(ビットレンディング)
出典:BitLending
レンディング取り扱い通貨BTC,ETH,USDT,USDC,DAI
レンディング利率8%~10%
貸出期間1ヶ月
中途解約可能
中途解約手数料なし

おすすめポイント

  • レンディング利率が高い
  • ステーブルコインのUSDT・USDC・DAIのレンディングができる
  • 中途解約手数料が無料

BitLendingは、ブロックチェーン・Web3.0の専門メディアである株式会社J-CAMが運営する、暗号資産レンディングプラットフォーム。

ビットコインやイーサリアムを年率8%で貸出でき、ステーブルコインのUSDT・USDC・DAIは年率10%と、高利率になっているのが魅力的です。

解約手数料も無料のため、気軽に貸出をやめることができるのも安心です。

また、多重セキュリティシステムで不正送金を防止するなど、セキュリティ対策もしっかりと行われているので、安心してレンディングが行えます。

こんな方におすすめ

  • 高利率でレンディングしたい方
  • ステーブルコインのレンディングで安定収益を狙いたい方
  • 解約したいタイミングで気軽に解約したい方

BitLendingの詳細はこちら

Coincheck

Coincheck貸暗号資産サービス
参照元:Coincheck公式サイト
レンディング取り扱い通貨BTC,ETH,ETC,LSK,XRP,XEM,LTC,BCH,MONA,XLM,QTUM,BAT,IOST,ENJ,OMG,PLT,SAND,BAT,IOST,ENJ,OMG,PLT,SAND,SYM,DOT,FNCT,CHZ,LINK,DAI,MKR
レンディング利率1%~5%
貸出期間14日〜
中途解約不可
中途解約手数料-

おすすめポイント

  • 最低14日からレンディングができる
  • 最大5.0%の利率でレンディングできる
  • 見やすくて操作性が高いアプリ

コインチェックの貸暗号資産サービスでは、貸出期間に応じて最大5.0%の年率でレンディングが行えます。

貸出期間は14日〜365日となっており、14日では1%の貸出利息がもらえます。

ただし、貸出を行うには、貸暗号資産アカウントに暗号資産を移す必要があるので、注意しておきましょう。

こんな方におすすめ

  • 短い期間からレンディングを行いたい
  • これから暗号資産取引を始めたい方

Coincheckの口座を開設する

GMOコイン

GMOコイン貸暗号資産サービス
参照元:GMOコイン
レンディング取り扱い通貨BTC,ETH,BCH,LTC,XRP,XEM,XLM,BAT,OMG,XTZ,QTUM,ENJ,DOT,ATOM,XYM,MONA,ADA,MKR,DAI,LINK,FCR,DOGE,SOL,FLR,ASTR
レンディング利率1%~15%
貸出期間1ヶ月
中途解約可(中途解約した場合賃借料はもらえない)
中途解約手数料貸借料の10%

おすすめポイント

  • 貸し暗号資産ベーシック・貸し暗号資産プレミアムの2種類から選べる
  • 年率10%〜15%以上の高利率の収益が狙える
  • 貸暗号資産プレミアムの場合元本は日本円での受け取り可能(円転)

GMOコインは、貸暗号資産ベーシックと貸暗号資産プレミアムの2種類のレンディングサービスを提供。

貸暗号資産ベーシックは10万円程度から貸出ができ、通貨にもよりますが、貸出期間1ヶ月では年率1%、3ヶ月では3%の収益が狙えます。

貸暗号資産プレミアムでは、円転特約がついているため、含み益が出た場合は暗号資産ではなく円で返還され、高いリターンが期待できます。

まっと

ただし、貸暗号資産プレミアムの場合は証拠金が必要になるので、余裕を持って日本円の入金しておく必要があることに注意。

円転特約は他の暗号資産交換業者にはない仕組みなので、特約による高収益を狙いたい方におすすめです。

こんな方におすすめ

  • 高いリターンを狙いたい方
  • 他の暗号資産交換業者では扱っていない通貨を長期保有しようとしている方

\オリコン顧客満足度2年連続No.1/

GMOコインの口座を開設する

bitbank

bitbank(ビットバンク)
参照元:bitbank
レンディング取り扱い通貨BTC,ETH,BCC,LTC,MONA,XRP,XLM,BAT,OMG,QTUM,ENJ,DOT,DOGE,XYM,ADA,MKR,BOBA,LINK,MATIC,ASTR,AVAX,AXS,FLR,SAND,APE,GALA,CHZ,OAS,MANA,GRT
レンディング利率~5%
貸出期間1年
中途解約不可
中途解約手数料-

おすすめポイント

  • レンディング対象通貨が多い(ビットバンク全通貨対応)
  • 最大年率5%のリターンが期待できる

bitbankの「暗号資産を貸して増やす」は、1年間の貸出期間で最大年率5%のリターンが得られる仕組み。

bitbankのレンディング対象通貨は、bitbankで取り扱われている全通貨となっているため、2023年7月現在で30銘柄のレンディングが行えます。

まっと

bitbankでしか取り扱われていない通貨を長期保有しておくなら、bitbankでのレンディングがおすすめです。

こんな方におすすめ

  • bitbankでしか取り扱われていない通貨を長期保有する方
  • 1年間取引する予定がなく5%のリターンを狙いたい方

bitbankの口座を開設する

SBI VCトレード

SBI VCトレード
出典:SBI VCトレード
レンディング取り扱い通貨BTC,ETH,XRP,LTC,BCH,DOT,LINK,ADA,DOGE,XLM,XTZ,SOL,AVAX,MATIC,FLR,OAS,XDC,SHIB,DAI,ATOM
レンディング利率0.1~1.0%
貸出期間28日
※募集内容による
中途解約不可
中途解約手数料-

おすすめポイント

  • 各種手数料が無料
  • SBIグループの100%子会社のため信頼できる
  • ステーキングやレバレッジ取引などのサービスもある

SBI VCトレードは、SBIグループの100%子会社のため、セキュリティ面でも安心できます。

そのため、安心してレンディングを行えるでしょう。

また、日本円の入出金手数料や暗号資産の入出金手数料が無料のため、手数料を無駄に負担せずに取引ができるのも魅力。

レンディング以外にも積立やステーキング、レバレッジ取引も行えるので、さまざまな取引を行いたい方におすすめです。

こんな方におすすめ

  • 安心できる環境でレンディングを行いたい方
  • 暗号資産や日本円の入出金時の手数料を負担したくない方
  • レンディング以外にもステーキングやレバレッジ取引を行いたい方

\安心の環境で取引したい方/

SBI VCトレードの口座を開設する

BitTrade

Bit Tradeの貸暗号資産
参照元:Bit Trade公式サイト
レンディング取り扱い通貨特別募集型:募集ごとによる
定期募集型:HT,ADA
レンディング利率特別募集型:募集ごとによる
定期募集型:HT3.00%/ADA10.00%
貸出期間特別募集型:募集ごとによる
定期募集型:HT(90日・120日・150日)/ADA(30日)
中途解約不可
中途解約手数料-

おすすめポイント

  • 特別募集型と定期募集型から選べる
  • 特別募集型は利率200%になることも
  • 特別募集型は最低7日からレンディングできる

BitTradeの貸暗号資産サービスでは、特別募集型と定期募集型の2種類があります。

定期募集型では、BitTrade(フォビグループ)の独自トークンHT(フォビトークン)とADA(カルダノ)のレンディングが行えます。

特別募集型は都度募集しており、利率が高いものだと年率200%のものも

人気が高いと締め切りになるので、気になる方は口座を開設して、募集中のものに参加してみてください。

こんな方におすすめ

  • 利率の高いレンディングを行いたい方
  • HT(フォビトークン)のレンディングを行いたい方

Bit Tradeの口座を開設する

BITPoint

BITPoint
レンディング取り扱い通貨BTC,TRX,XRP,ETH,BCH,LTC,BAT,ADA,JMY,DOT,LNK,DEP,IOST,KLAY,SHIB,MATIC,FLR,GXE
レンディング利率募集内容による
貸出期間募集内容による
中途解約不可
中途解約手数料-

おすすめポイント

  • 提携銀行から無料で即時入金できる
  • 暗号資産の入出金手数料が無料で他のレンディング業者の送金用にも使える

BITPointの「貸して増やす」は、都度募集による先着・抽選で参加できるサービス。

貸出期間や貸出利率は募集ごとに決まるため、気になる募集内容があれば、参加してみると良いでしょう。

レンディング用の暗号資産を購入するための日本円入金は、提携銀行からであれば、無料で即時入金ができます。

まっと

また、他のレンディング業者などに暗号資産を送金する場合にも、無料で送金可能。

基本的にBITPointで取り扱われている通貨であれば、「貸して増やす」の対象となっているため、BITPointでしか取り扱われていない通貨をレンディングしたい場合は、BITPointを活用してみてください。

こんな方におすすめ

  • BITPointでしか取り扱われていない通貨をレンディングしたい方
  • 即時入金手数料無料で利用したい方
  • 他の暗号資産交換業者・レンディング業者に無料で送金したい方

\暗号資産入出金手数料無料/

BITPOINTの口座を開設する

LINE BITMAX

LINE BITMAX
レンディング取り扱い通貨固定期間型:FNSA,BTC,ETH,XRP,LTC,BCH,XLM
変動期間型:BTC,ETH,XRP,LTC,BCH
レンディング利率固定期間型:3%〜8%
変動期間型:毎日更新
貸出期間固定期間型:30日・60日・ 90日
変動期間型:1日〜7日
中途解約固定期間型:不可
変動期間型:最短当日に返還できる
中途解約手数料なし

おすすめポイント

  • 固定期間型と変動期間型から選べる
  • 変動期間型なら1日から単位で貸出できる
  • 他の取引所では取り扱われていないFINSCHIA(フィンシア)が貸出できる

LINE BITMAXの暗号資産貸出サービスでは、「固定期間型」と「変動期間型」の2種類から選べるのが特徴。

固定期間型は30日・60日・90日から期間が選べ、貸出期間が長いほど利率が高くなっています。

一方、変動期間型は、1日単位で貸出ができ、最長で7日となっています。変動期間型であれば、毎日賃借料が発生し、返還申請すれば手数料無料ですぐに戻ってくるため、その後の取引がしやすいのもメリット

まっと

また、LINE BITMAXでは、他の取引所では扱っていないFINSCHIA(フィンシア)の貸し出しも行えますよ。

こんな方におすすめ

  • FINSCHIA(フィンシア)の貸出を行いたい方
  • 1日単位でまずは試しにレンディングを行ってみたい方
  • 通貨の価格が変動したらすぐに返還してもらいたい方

\1日単位で貸出できる!/

LINE BITMAXの口座を開設する

仮想通貨(暗号資産)のレンディングにおすすめの通貨4選

仮想通貨(暗号資産)のレンディングにおすすめの通貨4選

レンディングにおすすめの通貨について、解説していきます。

おすすめの通貨は以下の通り。

おすすめの通貨

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • USDT
  • USDC

ビットコイン

仮想通貨(暗号資産)を取引している方であれば、ビットコインを保有している人がほとんどかと思います。

ビットコインであれば、基本的にどのレンディング業者でも取り扱っているため、どの業者を選んでもレンディングに利用できます

まっと

ビットコインの将来性を期待して、長期保有している方もいるでしょう。

ただ、保有しているだけだと運用できずにもったいないので、保有している間、レンディングで運用するのがおすすめです。

PBRレンディングなら、ビットコインを10%の利率でレンディングできます。

まっと

ビットコインを持っているだけなら、ぜひPBRレンディングで運用してみてください。

\年率10%で複利運用できる!/

PBR Lendingの詳細はこちら

イーサリアム

ビットコインに次いで、時価総額が高いイーサリアム。

NFT(非代替性トークン)の取引をしている方であれば、イーサリアムを保有している方も多いはずです。

イーサリアムが余っているのであれば、レンディングで運用するのもアリでしょう。

イーサリアムはステーキングで収益を得る方法もあります。

まっと

イーサリアムのステーキング方法については、以下の記事で解説しているので、参考にしてみてださい。

イーサリアムのステーキングのやり方
イーサリアム(ETH)のステーキングのやり方|初心者でもOK

続きを見る

USDT

米ドルと1:1でペッグされているステーブルコインのUSDTであれば、基本的に値動きしにくいため、レンディング中の値動きによる損失を抑えることができます。

仮想通貨(暗号資産)の時価総額も3位(2023年7月現在)と、流動性や取引量にも安心できます。

PBRレンディングなら、10%の利率でUSDTをレンディングできるので、USDTをレンディングするなら、PBRレンディングがおすすめです。

\年率10%で複利運用できる!/

PBR Lendingの詳細はこちら

USDC

USDCは、USDTと同じく米ドルと1:1で固定されたステーブルコイン。

取引高はUSDTに劣りますが、海外の大手監査法人グラントソントングループにより審査を受け、毎月公表しています。
参考:Transparency & Stability - Circle

月次報告によって、米国公認会計士協会(AICPA)が定める認証基準にしたがい、米ドル準備金の額が流通額を上回っていることを示しています

まっと

そのため、信頼性の高いステーブルコインと言えるでしょう。

PBRレンディングでは、USDCを利率10%でレンディングできるため、USDCをレンディングしたい方におすすめです。

\年率10%で複利運用できる!/

PBR Lendingの詳細はこちら

仮想通貨(暗号資産)のレンディングをする際の注意点

仮想通貨(暗号資産)のレンディングをする際の注意点

仮想通貨(暗号資産)のレンディングを行う際は、以下の点に注意しておきましょう

注意点

  • 分別管理の対象にならない
  • レンディングしている通貨の価格が下落する可能性がある
  • 原則中途解約ができない
  • レンディング業者が破綻する可能性がある
  • 怪しいレンディング業者は使用しない
まっと

それぞれ解説していきますね。

分別管理の対象にならない

レンディングは資金決済法上、暗号資産交換業に該当しないため、分別管理の対象とはなっておりません(資金決済法第2条7項)。

分別管理とは

ユーザーから預かった金銭と、業者の保有している金銭を区別して管理すること。万が一業者が破綻しても金銭が返還される仕組み。

そのため、もしレンディング業者が破綻した場合は、貸し出した資産が返還されない可能性があります。

レンディングしている通貨の価格が下落する可能性がある

仮想通貨(暗号資産)は値動きが激しいため、レンディングしている最中に、通貨の価格が下落する可能性があります。

まっと

レンディングの利率が良くても、通貨自体の価値が下落する可能性があるため、注意しておきましょう。

原則中途解約ができない

レンディングは、一定期間通貨を預ける必要があるため、原則中途解約はできません

レンディング業者によっては中途解約できるところもありますが、賃借料がもらえない場合や手数料がかかる場合もあるので、注意しておきましょう。

レンディング業社が破綻する可能性がある

レンディング業者が破綻する可能性もあるので、注意しましょう。

特に海外のレンディング業者は過去に破綻申請を行っているケースもあり、海外のレンディング業者には注意が必要です。

まっと

1つのレンディング業者が破綻すると、他の業者も破綻する連鎖倒産の可能性もあります。

破綻すると、貸した資産は戻ってこない可能性が高いので、注意しておきましょう。

怪しいレンディング業社は使用しない

怪しいレンディング業者は利用しないようにしておきましょう。

独立行政法人国民生活センターによると、暗号資産のレンディングに勧誘され海外の業者に送金したが、満期になっても出金できないなどの相談が寄せられています。
※参考:暗号資産(仮想通貨)(各種相談の件数や傾向)_国民生活センター

まっと

SNSで知り合った人などからの勧誘は、詐欺の可能性があるので、気をつけるようにしてください。

仮想通貨(暗号資産)のレンディングに関するQ&A

仮想通貨(暗号資産)のレンディングに関するQ&A

ここでは、仮想通貨(暗号資産)のレンディングに関するよくある質問に回答していきます。

よくある質問

  • 仮想通貨のレンディングの仕組みは?
  • ステーキングとレンディングの違いは?
  • 仮想通貨のレンディングは危険ですか?
  • 仮想通貨のレンディングには手数料がかかりますか?
まっと

気になるところはチェックしておきましょう!

仮想通貨のレンディングの仕組みは?

レンディングは、仮想通貨(暗号資産)を暗号資産交換業者に貸し付けたり、レンディングプラットフォームを通じて第3者に貸し付け、賃借料をもらう仕組みです。

レンディングとステーキングの違いは?

レンディングとステーキングの違いは、主に以下の通りです。

ステーキングレンディング
契約特になし消費貸借契約
暗号資産交換業該当する該当しない
分別管理対象対象外
仕組みネットワークへの貢献に対する報酬貸出による賃借料

仮想通貨(暗号資産)のレンディングとステーキングの違いは、こちらの記事でより詳しく解説しているので、参考にどうぞ。

仮想通貨のレンディングは危険ですか?

リスクはありますが、安全性の高い取引所への貸出等であれば、比較的危険性は低いと言えます。

ただし、海外のレンディング業者などは、国内取引所と比べ透明性に欠ける部分もあるため、海外レンディング業者を利用する際は注意しておきましょう。

仮想通貨のレンディングには手数料がかかりますか?

レンディングを行うだけであれば、特に手数料はかかりません

ただし、中途解約する場合(中途解約できないケースが多い)、中途解約手数料がかかるところもあります。

仮想通貨(暗号資産)レンディング業社おすすめランキング:まとめ

仮想通貨(暗号資産)レンディング業社おすすめランキング:まとめ

今回は仮想通貨(暗号資産)のおすすめレンディング業者を紹介してきました。

仮想通貨(暗号資産)のレンディングにはリスクがありますが、ただ保有しているだけではもったいないため、レンディングを活用して運用するのもありです。

本記事を読んだら、さっそく仮想通貨(暗号資産)のレンディングを始めてみてください。

どの仮想通貨(暗号資産)レンディング業者を選ぶか迷ったら、PBRレンディングがおすすめです。

簡単に申し込みでき、レンディング利率は10%と高いので、他のレンディング業者よりも高収益が狙えます

まっと

ステーブルコインのUSDTやUSDCもレンディングできるため、値下がりによる通貨の下落を心配せずに済みますよ。

レンディングを始めてみたい方は、ぜひPBRレンディングを活用してみてください。

\年率10%で複利運用できる!/

PBR Lendingの詳細はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まっと

銀行→会計事務所→フリーター→Webディレクター|30歳|フリーターをしながら、少額でも始められる仮想通貨ブログを運営|ブログをきっかけにWebディレクター就任|2021年11月から仮想通貨投資を開始|現在はNFTやDeFiも運用中|金融・会計業界の経験を基にお金や投資、暗号資産について発信|証券外務員1種保有経験有り|FP2級所有

-仮想通貨