当サイトではアフィリエイト広告を掲載しているため、プロモーションが含まれる場合があります。

DeFi 仮想通貨

ポリゴン(MATIC)のステーキングの利率・やり方を解説

ポリゴンのステーキングの利率・やり方

・ポリゴン(MATIC)のステーキングのやり方は?
・ポリゴン(MATIC)のステーキング利率は?どれくらい稼げるの?
・どこでステーキングするのがおすすめ?

そんな疑問に答えます。

本記事の要約

  • ポリゴン(MATIC)のステーキングの種類
    1.バリデーター、2.デリゲーター、3.中央集権取引所 、4.リキッドステーキング
  • ポリゴン(MATIC)のステーキングにおすすめの取引所
    1.KuCoin(クーコイン)、2.Bitget(ビットゲット)、3.Bybit(バイビット)4.CoinTrade(コイントレード)
  • ポリゴン(MATIC)のステーキングにおすすめのリキッドステーキング
    Lido
  • ポリゴン(MATIC)のステーキングで注意すべきこと
    ステーキングができるのは、イーサリアムメインネットのMATIC

本記事を読むことで、どこでステーキングすべきかや、具体的なステーキング手順がわかりますよ。

ステーキング自体のメリット、デメリットについては、『仮想通貨のステーキングランキング』の記事で解説しています。こちらを参考にしてみてください。

それでは、解説していきます。

ポリゴン(MATIC)をステーキングするなら、無料でMATICに交換できるKuCoinを利用しておきましょう!

KuCoin

\当ブログ経由だと手数料5%割引!/

KuCoinの口座を開設する

目次
  1. ポリゴン(MATIC)のステーキングの種類
    1. バリデーター
    2. デリゲーター
    3. 中央集権取引所
    4. リキッドステーキング
  2. ポリゴン(MATIC)のステーキングの利率
  3. ポリゴン(MATIC)のステーキングのメリット
    1. 少額からステーキングできる
    2. ロック期間が短い
    3. ポリゴン(MATIC)の将来性が期待されている
  4. ポリゴン(MATIC)のステーキングのデメリット
    1. イーサリアムメインネットで行うため、ガス代が高め
    2. 選ぶバリデーターによって報酬が異なる(デリゲーター)
  5. ポリゴン(MATIC)のステーキングにおすすめの中央集権取引所
    1. KuCoin(クーコイン)
    2. Bitget(ビットゲット)
    3. Bybit(バイビット)
    4. CoinTrade(コイントレード)
  6. ポリゴン(MATIC)のステーキングにおすすめのリキッドステーキング
  7. ポリゴン(MATIC)のステーキングのやり方:中央集権取引所【海外】
    1. 1.口座開設
    2. 2.KuCoinにリップルを送付
    3. 3.KuCoinでMATICに交換
    4. 4.MATICをステーキング
  8. ポリゴン(MATIC)のステーキングのやり方:リキッドステーキング
    1. MATICを準備
    2. メタマスクにMATICを送付
    3. LidoでMATICをステーキング
  9. ポリゴン(MATIC)のステーキングのやり方:デリゲーター
    1. ポリゴンテクノロジーのサイトにアクセス
    2. バリデーターを選択
    3. MATICをデリゲート
  10. ポリゴン(MATIC)のステーキングを行う際の注意点
  11. ポリゴン(MATIC)のステーキングに関するよくある質問
    1. ポリゴン(MATIC)はどこで買える?
    2. MATICをブリッジするにはどうしたらいいの?
  12. 【まとめ】ポリゴン(MATIC)のステーキングの利率・やり方

ポリゴン(MATIC)のステーキングの種類

ポリゴン(MATIC)のステーキングの種類

そもそも、ポリゴン(MATIC)のステーキングには、以下の種類があります。

最も簡単にステーキングできるのは、3.中央集権取引所です。

これからステーキングを始めるなら、中央集権取引所で行うのがおすすめですよ!

それでは、順番に解説しますね。

バリデーター

ブロックチェーンのネットワークに参加し、取引の検証・承認を行うバリデーターとなることで、報酬が得られます。

バリデーターの報酬は、ステーキング報酬+トランザクション手数料(ポリゴンチェーン)

まっと

バリデーターとして参加する場合は、1MATICから参加できますよ。

ただし、バリデーターになった場合は、ノードの提供が必要です。高性能なコンピュータが必要のため、ハードルは高め

ノードを提供したくない場合は、次に説明するデリゲーターとして参加することもできますよ。

デリゲーター

ノードを提供したくない場合は、デリゲーターとしてステーキングできます。

まっと

デリゲーターは、バリデーターを選ぶことで、ネットワークに参加できますよ。

デリゲーターになるために必要なMATICの最小数量は、定めはありません

ただし、最小数量を設定するかどうかは、バリデーター次第です。

デリゲーターの報酬は、『Polygon Staking』でシミュレーションできますよ。

中央集権取引所

ポリゴン(MATIC)をステーキングする最も簡単な方法は、中央集権取引所を利用すること。

中央集権取引所のステーキングサービスを利用することで、誰でも簡単にポリゴン(MATIC)のステーキングができますよ。

ただし、バリデーターやデリゲーターと比べると、ステーキング報酬は低め

まっと

仲介業者が入ることで、手数料を抜いた報酬の一部が還元される仕組みですね。

とはいえ、バリデーターはノードの提供が必要。デリゲーターも、どのバリデーターを選べばいいのかわからないですよね。

取引所であれば、気にする必要なしです。まずは、取引所を利用してみましょう。

取引所の中には、セービング(貯蓄)といったサービスもあります。銀行預金よりも高い利率で、低リスクで運用ができますよ。

ポリゴン(MATIC)のステーキングにおすすめな取引所は、本記事の『ポリゴン(MATIC)のステーキングにおすすめの中央集権取引所』で解説しています。参考にしてみてください。

リキッドステーキング

DeFi(Decentralized Finance:分散型金融)のステーキングプラットフォームを利用することで、ポリゴン(MATIC)のリキッドステーキングができます。

リキッドステーキングとは

通常ステーキングを行う場合は、預けた資産が一定期間ロックされ、流動性がなくなります。しかし、リキッドステーキングは、資産を預けると代わりに流動性トークンがもらえます。流動性トークンは、DeFiプロトコルなどで取引できます。

DeFiなどの市場で流動性トークンを売却すると、ステーキングしたポリゴン(MATIC)が取り戻せますよ。

ただし、預けたポリゴン(MATIC)と流動性トークンの価値が乖離すると、同じ価値ではなくなってしまいます。

まっと

預けたポリゴン(MATIC)よりも、数量が少なくなる可能性もあるわけですね。

続いて、ステーキングの利率について、種類別に解説します。

ポリゴン(MATIC)のステーキングの利率

ポリゴン(MATIC)のステーキングの利率

ポリゴン(MATIC)のステーキングの利率は、種類別にそれぞれ以下の通り。

ステーキングの種類利率(APR)
※2023年6月4日時点
バリデーター4.95%
デリゲーター99.05%
中央集権取引所(KuCoin)2.42%
リキッドステーキング(Lido)4.3%

一般的に、中央集権取引所でステーキングするよりも、バリデーターやデリゲーターとしてステーキングした方が、報酬は高めです。

次に、ポリゴン(MATIC)のステーキングのメリット・デメリットについて解説します。

ポリゴン(MATIC)のステーキングのメリット

ポリゴン(MATIC)のステーキングのメリット

ポリゴン(MATIC)のステーキングのメリットは、以下の通り。

順番に解説します。

少額からステーキングできる

バリデーターの場合、最低1MATIC(日本円で122円 ※本記事執筆時点)から参加できます。

イーサリアム(ETH)のステーキングをする場合は、最低32ETH(日本円で約640万円 ※本記事執筆時点)が必要。

まっと

イーサリアムと比べ、少額でバリデーターになれますね。

デリゲーターになる場合は、預けるポリゴン(MATIC)の最低量に決まりはありません

アバランチ(AVAX)の場合、デリゲーターになるために、最低25AVAX(日本円  約5万円 ※本記事執筆時点)が必要。

まっと

アバランチ(AVAX)と比べても、少額からデリゲーターになれますよ。

デリゲーターであれば、ノードを提供せずに、高めのステーキング報酬が得られます。

ロック期間が短い

デリゲーターの場合は、およそ9日間の拘束期間があります。

拘束期間が解除されれば、資産を引き出せますよ。

まっと

比較的ロック期間が短いため、安心してステーキングができますね。

ポリゴン(MATIC)の将来性が期待されている

Web3事業に参入している企業の多くが、ポリゴンチェーンを採用しています。

理由は、主に以下の2つ。

企業がポリゴンを採用する理由

  1. ガス代が安く、処理速度が速い
  2. 環境への負荷が少ない

ポリゴンチェーンは、イーサリアムチェーンのレイヤー2ソリューション。イーサリアムチェーンのガス代高騰や、処理速度の低下の問題を解決するためのチェーンです。

ポリゴンチェーンは、ガス代が安く、処理速度も速いです。

まっと

企業も採用しやすいですよね。

コンセンサスアルゴリズムには、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用。ブロックチェーン上の取引を承認する際の消費電力が少ないため、環境への負荷が少ないです。

コンセンサスアルゴリズムとは

ブロックチェーン上の取引を承認する合意形成の仕組みのこと。

まっと

環境保護や社会貢献を重要視している大手企業は、ポリゴンチェーンを採用しているわけですね。

例えば、ディズニーやスターバックスなどの大企業が、ポリゴンチェーンを採用していますよ。

今後もWeb3事業に参入する企業が増えれば、ポリゴンチェーンの将来性が期待できます。

ポリゴン(MATIC)のステーキングのデメリット

ポリゴン(MATIC)のステーキングのデメリット

ポリゴン(MATIC)のステーキングのデメリットは、以下の通り。

それぞれ解説します。

イーサリアムメインネットで行うため、ガス代が高め

ポリゴン(MATIC)のステーキングができるのは、ポリゴンメインネットではなく、イーサリアムメインネット

イーサリアムメインネットは、利用者も多く取引が混雑するため、ガス代が高め

デリゲーターの場合、0.05〜0.1 ETHのガス代がかかる可能性もあります。

まっと

中央集権取引所で行う場合は、関係ないですよ!

選ぶバリデーターによって報酬が異なる(デリゲーター)

デリゲーターになる場合は、どのバリデーターを選ぶかで、報酬が異なります

まっと

バリデーターによっては、報酬が低い可能性があるわけですね。

とはいえ、どのバリデーターを選んでいいのか、正直わからないですよね。

どのバリデーターを選ぶべきか迷ったら、パフォーマンスが高いバリデーターを選びましょう。

まっと

少額で行うなら、まずは中央集権取引所を利用しておくのがいいですよ。

それでは、次に、ポリゴン(MATIC)のステーキングにおすすめの中央集権取引所を紹介します。

ポリゴン(MATIC)のステーキングにおすすめの中央集権取引所

ポリゴン(MATIC)のステーキングにおすすめの中央集権取引所

ここではポリゴン(MATIC)のステーキングができる、おすすめの仮想通貨取引所(国内・海外)を紹介しますね。

ポリゴン(MATIC)のステーキングにおすすめの取引所は、以下の通り。

まっと

それぞれ、ざっくり特徴を解説します。

KuCoin(クーコイン)

KuCoin(クーコイン)のステーキング
参照元:KuCoin公式サイト
MATICのステーキング利率年率2.42%
MATICのステーキング最低数量10MATIC

KuCoinのステーキングサービスでは、最低10MATICからステーキングができます。

まっと

期間はフレキシブルで、いつでも自由に引き出せますよ。

期間限定でプロモーション(ホット)も行っており、一定期間ステーキングすることで、通常よりも高利回りの報酬が得られます。

KuCoinの準備金については、、準備金の証明 (Proof of Reserves)と監査 | KuCoinで確認できますよ。

それから、KuCoinでは簡単にMATICに交換できます。いったんUSDTに交換する必要がありますが、ビットコインやリップルなどの主要通貨であれば、USDTの交換に対応していますよ。

国内取引所からMATICを直接送ることもできますが、送付手数料は高め。海外取引所で売買する際にも、取引手数料もかかってしまいます。

まっと

MATICを準備するのに、何度も売買したくないですよね。

KuCoinであれば、取引手数料無料で、MATICに交換できますよ。なるべく手数料を抑えるなら、KuCoinを利用しておきましょう。

\手数料無料でMATICに交換できる/

KuCoinの口座を開設する

KuCoinでMATICをステーキングするやり方は、本記事の「ポリゴン(MATIC)のステーキングのやり方:中央集権取引所」で解説しています。参考にどうぞ。

Bitget(ビットゲット)

Bitget(ビットゲット)のセービング
参照:Bitget公式サイト
MATICのセービング利率年率3%
MATICのセービングの最低数量0.1MATIC

Bitget(ビットゲット)ではステーキングは行なっていませんが、セービング(貯蓄)サービスを展開。

MATICのセービングは、0.1MATICから行えますよ。預けた資産は、いつでも引き出せます

他の通貨を含め、Bitget(ビットゲット)のセービングの利率は、他の海外取引所のセービングよりも比較的高め

まっと

利率が高いと不安に思いますよね。

ですが、Bitget(ビットゲット)では、保有している資産のウォレットアドレスを公開準備金の残高も十分で、資産の透明性は高いです。

準備金については、プルーフ・オブ・リザーブ | Bitgetで公開されていますよ。

Bitget(ビットゲット)で、MATICを運用するなら、サクッと口座を開設しておきましょう。

4年間セキュリティ事故なし

Bitgetの口座を開設する

Bybit(バイビット)

Bybitステーキング
参照元:Bybit公式サイト
MATICのステーキング利率年率1.65%
MATICのステーキング最低数量150MATIC

Bybit(バイビット)のステーキングでは、定期ステーキング積立ステーキングがあります。

MATICは、積立ステーキングに対応いつでも引き出しができますよ。

ステーキング最低数量は、150MATIC

Bybit(バイビット)は、日本人利用者も多い海外取引所です。

まっと

初めて海外取引所を利用するなら、不安ですよね。

迷ったら、日本人も多く利用している、Bybit(バイビット)を利用しておくのがおすすめですよ。

簡単に口座開設できるので、いますぐ口座を開設しておきましょう。

\最短30秒で口座開設・日本語対応/

Bybitの口座を開設する

CoinTrade(コイントレード)

CoinTrade(コイントレード)
出典:CoinTrade
MATICのステーキング利率年率1.0%〜4.2%
MATICのステーキング最低数量30MATIC

CoinTrade(コイントレード)は、日本国内初でMATICのステーキングサービスを提供

CoinTrade内でMATICを購入し、数量と期間を選択してステーキングに申し込むことができます。

まっと

MATICの最低数量は30MATICからとなっており、ステーキング期間は30日、60日、90日、120日(VIPプラン)から選べますよ。

国内取引所でMATICのステーキング行いたいなら、CoinTradeの口座を開設しておきましょう。

CoinTradeの口座を開設する

ポリゴン(MATIC)のステーキングにおすすめのリキッドステーキング

ポリゴン(MATIC)のステーキングにおすすめのリキッドステーキング

ポリゴン(MATIC)のリキッドステーキングができる代表的なプラットフォームは、Lidoです。

Lidoは、イーサリアムチェーンのステーキングプラットフォーム。

イーサリアム(ETH)はもちろん、ソラナ(SOL)やポルカドット(DOT)もステーキングできますよ。

ただし、ステーキングできるのは、イーサリアムメインネットのポリゴン(MATIC)です。

まっと

ポリゴンメインネットのMATICではないことに、注意しましょう。

Lidoでポリゴン(MATIC)のステーキングをすると、stMATICがもらえますよ。

Lidoでポリゴン(MATIC)をステーキングする手順については、本記事の『ポリゴン(MATIC)のステーキングのやり方:リキッドステーキング』で解説しています。

まっと

続いて、取引所でポリゴン(MATIC)のステーキングを行う手順について解説しますね。

ポリゴン(MATIC)のステーキングのやり方:中央集権取引所【海外】

MATICのステーキングのやり方:中央集権取引所

今回は、取引所内で簡単にMATICに交換できる、海外取引所のKuCoin(クーコイン)でのステーキングのやり方を解説しますね。

手順は以下の通り。

順番に解説します。

1.口座開設

はじめにKuCoinの口座を開設しておきましょう。

\当ブログ経由だと手数料5%割引!/

KuCoinの口座を開設する

2.KuCoinにリップルを送付

次に、国内取引所からKuCoinのリップルアドレス宛に、リップルを送付しましょう。

送付時は、宛先タグも設定してください。

リップルであれば、他の通貨と比べ最低送付量が低く、送付手数料も安いですよ。

国内取引所は、bitFlyerがおすすめ。

bitFlyerであれば、リップルの送付手数料が無料最低送付量も20XRPと低いです。

まっと

無料で少額から送付できますよ。

bitFlyerをまだお使いでない方は、早めに口座を開設しておきましょう。

bitFlyerの口座を開設する

3.KuCoinでMATICに交換

KuCoinにリップルを送付したら、USDTに交換しましょう。送付後はメイン口座にあるため、まずは取引口座に振り替えます。

KuCoinでメイン口座にあるリップルを選択

リップルを選択したら、「振替」をタップ。

KuCoinのメイン口座にあるリップルを振替する画面

振替内容を確認して、「確認」をタップ。

KuCoinでメイン口座のリップルを取引口座に振替する画面

これで、取引口座への振替は完了です。続いて、リップルをUSDTに交換します。取引口座のリップルを選択しましょう。

KuCoinの取引口座にあるリップルを選択

交換を選択したら、交換元のリップルの数量を入力。「注文確認」をタップしてください。

KuCoinでリップルをUSDTに交換する数量を入力する画面

注文内容を確認して、「確認」をタップ。

KuCoinでリップルをUSDTに交換する際の注文確認画面

これで、USDTへの交換は完了です。次に、USDTをMATICに交換しましょう。

先ほどと同様に、取引口座のUSDTを選択。交換するUSDTの数量を入力して、「注文確認」をタップ。

KuCoinでUSDTをMATICに交換する画面

注文内容を確認して、「確認」をタップ。

KuCoinでUSDTをMATICに交換する際の注文確認画面

以上で、MATICの準備は完了です。

4.MATICをステーキング

MATICが準備できたら、ステーキングしましょう。KuCoinのアプリ画面から「もっと」→「稼ぐ」を選択。

KuCoinのアプリ画面の「稼ぐ」

続いて、MATICを選択し、申し込みたい商品を選びましょう。

KuCoinでMATICのフレキシブルステーキングを申込

ステーキングするMATICの数量を入力。「マイニングに関する合意」にチェックし、「今すぐ参加」をタップ。

KuCoinのMATICステーキングでMATICの数量を入力する画面

確認」をタップしましょう。

KuCoinでMATICのステーキングの申込確認をする画面

これで、KuCoinでのMATICのステーキングは完了です。

ポリゴン(MATIC)のステーキングのやり方:リキッドステーキング

MATICのステーキングのやり方:リキッドステーキング

本記事では、Lidoでポリゴン(MATIC)のリキッドステーキングを行う手順について解説します。

手順は以下の通り。

順番に解説していきます。

MATICを準備

まずは、MATICを準備しましょう。

Lidoでステーキングできるのは、イーサリアムチェーンのMATICです。

国内取引所では、bitFlyerbitbankなどで、イーサリアムチェーンのMATICが買えますよ。

MATICを直接メタマスクのイーサリアムチェーンに送るのであれば、どちらかを利用しましょう。

ただし、送付手数料がかかります。

まっと

送付手数料をできるだけ負担したくない方は、一旦リップルで海外取引所に送付してMATICに交換するのもアリですよ。

手間はかかりますが、送付手数料が安くなります。

まっと

海外取引所から出金する際も手数料がかかりますが、国内取引所よりは安いですよ。

取引所MATICの
出金手数料
MATICの
最小送付量
bitFlyer19MATIC20MATIC
bitbank19MATIC5.9MATIC
KuCoin5MATIC10MATIC
各取引所のMATIC出金手数料(イーサリアムチェーン)

ステーキングで運用する額が小さいと、いくらステーキング利率が高くても、手数料やガス代で負けてしまいます。

まっと

なるべくまとまった資金で、手数料を負担せずに行いましょう。

メタマスクにMATICを送付

MATICが準備できたら、メタマスクに送付しましょう。

ポリゴンチェーンではなく、イーサリアムチェーンに送付してください。

メタマスクをインストールしていない方は、『メタマスクをGoogle Chromeに追加する方法を解説』を参考に、メタマスクをインストールしておいてください。

MATICのトークンがメタマスクに表示されていない場合は、「トークンをインポート」をクリック。

メタマスクでトークンをインポートする画面

続いて、検索窓に「matic」と入力。すると、MATICトークンが表示されます。選択して、「次へ」をクリックしてください。

メタマスクのトークンインポートでMATICを検索

それから、「トークンをインポート」をクリック。

メタマスクでMATICをインポート

以上で、メタマスクにMATICトークンのインポートは完了です。

LidoでMATICをステーキング

メタマスクのイーサリアムチェーンに、ポリゴン(MATIC)を送付したら、Lidoにアクセスしましょう。

Stake MATIC」をクリック。

LidoのMATICステーキングのページ

続いて、MATICの数量を入力し、「Unlock tokens」をクリック。

LidoのMATICをステーキングする画面で「Unlock tokens」をクリック

次に、MATICのアクセス権限を与えます。「確認」をクリック。

LidoにMATICのアクセス権限を与える画面

ガス代がかかります。

その後、「Stake now」をクリックしてください。

LidoのMATICをステーキングするページで「Stake now」をクリック

再びガス代がかかります。

以上で、Lidoのステーキングは完了です。

ポリゴン(MATIC)のステーキングのやり方:デリゲーター

MATICのステーキングのやり方:デリゲーター

デリゲーターとして、ポリゴン(MATIC)をステーキングする手順を解説します。

手順は、以下の通り。

手順1〜2は、リキッドステーキングと同じため、手順3〜5のみ解説しますね。

ステーキングはイーサリアムメインネットです。ガス代分のETHを準備しておきましょう。

ポリゴンテクノロジーのサイトにアクセス

メタマスクにMATICを準備したら、以下のサイトにアクセスしてください。

>>Polygon Staking

バリデーターを選択

続いて、バリデーターを選択して「Delegate」をクリック。

まっと

パフォーマンスの高いバリデーターを選んでおきましょう。

ポリゴンテクノロジーのサイトでバリデーターを選ぶ画面

MATICをデリゲート

次に、ステーキングするMATICの数量を入力して、「Continue」をクリックしてください。

選択したバリデーターに預けるMATICの数量を入力する画面

すると、以下の画面になるため、トークンのアクセス権限を与えます。

ガス代(ETH)がかかります。

MATICのデリゲートをする際に、トークンのアクセス権限を与える画面

続けて、「Delegate」をクリック。

ここでもガス代(ETH)がかかります。

MATICのデリゲートを行う画面

ガス代を確認して、「確認」をクリックしましょう。

MATICのデリゲートを行う際にかかるガス代を確認する画面

デリゲートが完了すると、以下の画面になります。

MATICのデリゲートが完了した画面

少し時間をおくと、「Your Account」にステーキングの内容が反映されますよ。

ポリゴンテクノロジーの「Your Account」の画面
ポリゴンテクノロジーの「Your Delegations」が表示されている画面

報酬の請求や、追加でステーキングする場合は、上記から行えます。

ポリゴン(MATIC)のステーキングを行う際の注意点

ポリゴン(MATIC)のステーキングを行う際の注意点

デリゲートや、Lidoでリキッドステーキングをする場合は、ポリゴン(MATIC)をイーサリアムメインネットに送付してください。

ステーキングができるのは、イーサリアムメインネットです。

ポリゴンのメインネットに送付しないように注意しましょう。

ポリゴン(MATIC)のステーキングに関するよくある質問

ポリゴン(MATIC)のステーキングに関するよくある質問

ポリゴン(MATIC)はどこで買える?

現在、ポリゴン(MATIC)が買える国内仮想通貨取引所は、以下の通り。
※2023年6月4日時点

bitFlyer、bitbank、DMM Bitcoin、CoinTradeで取り扱っているのは、イーサリアムチェーンのポリゴン(MATIC)です。

一方、SBI VCトレード、BITPOINT、Zaifで取り扱っているのは、ポリゴンチェーンのポリゴン(MATIC)

異なるチェーン同士への出金はできないため、注意しましょう。

MATICをブリッジするにはどうしたらいいの?

Polygon Wallet Suiteからポリゴン(MATIC)のブリッジが可能です。ポリゴンチェーンとイーサリアムチェーン相互のブリッジに対応していますよ。

【まとめ】ポリゴン(MATIC)のステーキングの利率・やり方

【まとめ】ポリゴン(MATIC)のステーキングの利率・やり方

本記事のまとめです。

ポリゴン(MATIC)のステーキングの種類と、それぞれの利率は以下の通り。

ステーキングの種類利率(APR)
※2023年6月4日時点
バリデーター4.95%
デリゲーター99.05%
リキッドステーキング(Lido)4.3%
Bitget(ビットゲット)3%
KuCoin(クーコイン)2.42%
Bybit(バイビット)1.65%
CoinTrade(コイントレード)1.0%〜4.2%

本記事を読んだら、ポリゴン(MATIC)のステーキングを始めてみましょう。

最も簡単な方法は、中央集権取引所で行う方法です。

なるべく手数料で損したくないなら、KuCoinがおすすめ

MATICのステーキングを始めるなら、KuCoinの口座を開設しておきましょう。

無料でMATICに交換できる

KuCoinの口座を開設する

今回は以上です。ありがとうございました。

あわせて読みたい
イーサリアムのステーキングのやり方
イーサリアム(ETH)のステーキングのやり方|初心者でもOK

続きを見る

あわせて読みたい
仮想通貨AVAXのステーキング方法3選
仮想通貨AVAX(アバランチ)のステーキング方法3選徹底解説!

続きを見る

あわせて読みたい
レンディングとステーキングの違い
レンディングとステーキングの違いは?|どちらをやるべきか分かります

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まっと

銀行→会計事務所→フリーター→Webディレクター|30歳|フリーターをしながら、少額でも始められる仮想通貨ブログを運営|ブログをきっかけにWebディレクター就任|2021年11月から仮想通貨投資を開始|現在はNFTやDeFiも運用中|金融・会計業界の経験を基にお金や投資、暗号資産について発信|証券外務員1種保有経験有り|FP2級所有

-DeFi, 仮想通貨